ホーム > 病院のご案内 > 病院長挨拶

病院長挨拶

国立病院機構茨城東病院のホームページにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。新年度を迎え、皆様に一言ご挨拶申し上げます。

 

当院は、昨年、胸部疾患・療育医療センターとして、様々な取り組みをして参りました。4月には感染管理認定看護師長を配置し、院内の感染管理の充実を図ると共に院外にも飛び出し感染対策の向上のため、他の医療機関と連携を図って参りました。

 

また、医療ソーシャルワーカーの増員、退院調整看護師の病棟配置などを推し進め、在宅復帰に向けた退院調整、退院前訪問などを実施してきました。併せて、作業療法士の増員を実現し早期退院、退院後の生活に向け、リハビリテーションの充実を図りました。

 

地域医療支援病院及び茨城県がん診療指定病院としても、放射線治療装置リニアックの更新を行い、医療資源を有効活用していただきたくPRをして参りました。

 

そのPR活動におきましても、院外におけるイベントとして、「看護の日」、「救急の日」の2回行いました。健康相談、白衣体験などにおいて住民の皆さんとのふれあいにも力を注ぎ、地域に向けて積極的に発信してきた年でした。

 

また、東海村内の特別養護老人ホームとの診療業務契約を行い、高齢者医療においても地域への貢献を行って参りました。


当院はこれからも成長し、基本理念である医療を受ける人の立場に立って、人権を尊重し地域に信頼される医療を提供するべく、地域の急性期中核病院としての責務を果たすとともに、教育・研修・研究にも力を入れて行きます。患者さんに優しい医療、地域の先生方からの依頼に断らない医療を行って参りますので、引き続き皆様の温かいご支援とご助言を心よりお願い申し上げます。

 

 

平成29年4月吉日

国立病院機構茨城東病院長 齋藤 武文

【病院長挨拶・バックナンバー】

平成28年1月 平成27年4月 ■平成27年1月 ■平成26年7月 ■平成26年1月 ■平成25年7月 ■平成25年4月 ■平成25年2月 ■ 平成25年1月