ホーム > 部門の紹介 > 診療部門 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科はリハ科医長1名、リハ科医師1名、理学療法士4名、作業療法士2名のスタッフで入院患者さまを中心に治療させて頂いています。より充実したリハビリテーション医療を実施できるように努力していきますので、よろしくお願いします。

リハビリテーション医療の技術を通じ 患者さまのQOLに奉仕する。

(1)安全で信頼される、質の高いリハビリテ-ションの提供に努力しています。

(2)急性期リハビリテ-ション、早期リハビリテーションに努力しています。

(3)個々の障害度に応じた包括的リハビリテーション医療の提供に努力しています。

Ø 呼吸器疾患リハビリテ-ション施設基準Ⅰ

Ø 運動器疾患リハビリテ-ション施設基準Ⅱ

Ø がん患者リハビリテーション

 

【呼吸器の病気】

慢性閉塞性肺疾患(COPD)をはじめ、呼吸器の病気のためにおこる呼吸困難に対して、呼吸法や排痰法などのリハビリテーションを実施しています。

【小児科の病気】

脳性麻痺など、重症心身障害児(者)に対し、姿勢管理や呼吸管理、日常動作練習などのリハビリテーションを実施しています。

【その他】

長期臥床により筋力が低下し、歩行が困難になった方など、日常生活に支障を来たしている方に対し、生活の場に戻るためのリハビリテーションを実施しています。

※平成23年度よりがんのリハビリテーションが開始されました。