薬剤部

薬剤部では医薬品の供給と調剤、薬学的患者ケアを実施するとともに院内の各種チーム医療に参加して、医薬品に関連する業務を支えています。

私たちの業務の基本はお薬を正しく安全に使っていただくことであり、薬のプロとして皆様をサポートしていきます。何か気になることがありましたら、お気軽にご質問ください。

【調剤業務】

医師の処方箋に基づきお薬を準備する薬剤師の主たるお仕事です。
現在では機械化されている部分もありますが、薬剤師の目でチェックをし、間違いやミスが起こらないようにしています。

【医薬品管理業務】

薬には品質の管理条件が厳しく設定されており、有効で安全なお薬を患者さまにお使いいただけるように、かつ無駄がないように品質や在庫量を管理しています。

【製剤業務】

患者さまによって必要とされるお薬は様々なものがあり、中には市販されていない特殊なお薬を使う場合があります。そのような場合に医師の要望に応えて調製しています。また、写真にある安全キャビネットという機械を用いて抗癌剤を個々の患者さまに合わせた量で安全に調製しています。

【医薬品情報業務】

お薬に関する様々な情報を収集し、医師や看護師等からの問い合わせに
応えたり、月に一度新しい情報をまとめて「医薬品情報」を発行し他部門の医療スタッフに情報提供しています。

【薬剤管理指導業務】

お薬が正しく安全に使われるよう、薬剤師は患者さまが使用する薬剤の用法・用量や注意事項等を説明します。またお薬の効果・副作用について状況把握を行い、その内容を記録し保管しています。

【治験】

お薬が市販されるために必要な試験です。この試験が適正に行われるように協力しています。

治験とは?

新しい薬として使われるためには、安全性や有効性を調べる必要があり、患者さまにご協力いただいて、試験を行っています。こういった試験の事を治験と言います。治験にはさまざまな段階があり、病院で実施するものとしては

 

■少数の患者さまを対象に効果や副作用、長期間使い続けることができるかなどを調べるもの

■たくさんの患者さまを対象に効果や安全性を最終確認

するものがあります。病院薬剤師はこれらの治験が適正に行われるために、準備段階から関わり、治験担当者のCRC(治験コーディネーター)に協力しています。

Q:お薬を飲み忘れた場合はどうすれば良いの?

A:基本的に飲み忘れた場合は気がついたときに飲んでください。ただし次回、服用の時間が近い場合はその一回分は飲まないで、次から忘れずに飲むようにしてください。ただし、そのお薬に眠気やめまいなどの副作用が出やすい場合は、車などの運転前や危険な場所へ行く前に飲むのは事故につながる恐れがあるので控えるようにしてください。

Q:お薬はどうしてお水で飲むの?

A:お薬を水なしで飲むと、胃や食道を荒らしてしまい、炎症を起こしてしまうことがあります(中には水なしで飲めるものもあります)。また、お薬の中には牛乳やグレープフルーツジュース、アルコール類などと一緒に飲むとそれらに含まれる成分により薬の効果が強く出てしまったり(副作用が強まる)、反対に効果が弱まる恐れがあります。従って、お薬は原則、お水で飲む必要があります。

Q:赤ちゃんに粉薬を飲ませるにはどうしたら良いの?

A:粉薬の場合は、お薬にお水を少し垂らし、練った後、上あごにつけ、ミルクを飲ませてください。ミルクに溶かして飲ませるとミルク嫌いになる恐れがありますので注意してください。.また、粉薬の名前にドライシロップという記載がある場合、少量のお水ですぐに溶けますので、簡単に飲ませることができます。

Q:大人用のお薬を子どもに飲ませても大丈夫ですか?

A:子どもは大人に比べると、まだ体が十分に発達していません。そのため、大人が服用するものと同じ薬を服用することで、小児へは悪影響を与える成分もありますので注意が必要です。大人と兼用できるお薬もありますが、その場合は決められた用法用量をきちんと守りましょう。