福井大学名誉教授の伊藤春海先生が、当院に来訪されました。

11月1日(金)に、呼吸器画像診断の権威として著名な福井大学名誉教授の伊藤 春海 先生が、当院に来訪されました。

 

伊藤 春海名誉教授は、齋藤院長の招聘により、当院第5病棟において、呼吸器内科医に対して、呼吸器画像診断に関する症例を基に、熱心に臨床指導いただきました。

 

伊藤 春海名誉教授の略歴は、京都大学医学部を卒業された後、学内で要職を務められ、1999年に当時の福井医科大学へ教授として着任され、医学科長、医学部長を歴任後、2007年には副学長、2008年からは福井大学名誉教授、特任教授として、呼吸器画像診断学教育にご尽力されています。伊藤先生は、京都大学時代に呼吸器疾患の解剖・病理学的知見と放射線学的知見を統合させる研究に取り組まれ、呼吸器画像診断学の礎を築かれ、世界に先駆けて肺HRCT(高分解能CT)の開発をもたらされたことで著名です。

管理課 安野 豊

<福井大学名誉教授 伊藤 春海先生>

<伊藤春海名誉教授より、臨床指導を受ける当院呼吸器内科医>