福井大学名誉教授伊藤春海先生が来院されました。

去る7月3日(金)、呼吸器画像診断学の権威として著名な福井大学名誉教授の伊藤春海先生をお招きいたしました。


伊藤先生は、1999年に当時の福井医科大学教授として着任され、医学科長、医学部長を歴任後、2007年には副学長、2008年からは福井大学名誉教授、特任教授として、呼吸器画像診断学教育にご尽力なさっています。


また、長年、呼吸器疾患の解剖・病理学的知見と放射線学的知見とを統合させる研究に取り組まれ、呼吸器画像診断学の礎を築かれました。その研究の初期段階で蓄積された肺標本の肉眼像、実体顕微鏡像、標本X線像等が基礎となり、世界に先駆けた肺HRCTの開発をもたらされました。


この度、齋藤院長の要請により来院いただきました。 


来院の際には、若手医師に対して、実際の症例を基に、一例ずつ熱心に臨床指導いただき、活発な意見交換も行われました。    

<福井大学名誉教授 伊藤春海 先生と若手医師達>