伊東運動療法主任が欧州呼吸器学会議で発表を行いました。

9月15日から18日まで
フランス・パリで開催された欧州呼吸器学会議(ERS 2018)で、
当院リハビリテーション科 伊東光修運動療法主任が研究成果を発表しました。

 

伊東主任は、院長をはじめとする医局、リハスタッフの協力の下、
「慢性線維性間質性肺炎患者における境界域肺高血圧が運動耐容能と急性増悪発症に与える影響について」を取りまとめ、一般演題でこれを発表しました。

 

当院では、このような各分野の第一人者による最新のトピックに関する講演が多い国際学会で、日頃より努力しているコメディカルスタッフが発表できる機会を設けています。
これで得られた知識を地域の方々に還元できるよう、今後とも努力して参ります。